笑顔で過ごせる居場所~みんなの応援団~民間学童保育ベースg-kids(ジーキッズ)

まなびの窓口への無料相談・お問い合わせはコチラから!

LINE@登録はこちら! メールでのお問い合わせ お電話でのお問い合わせ

基本情報

名前
民間学童保育ベースg-kids(ジーキッズ)
住所
愛媛県松山市畑寺4-12-23
学年
小学1年生 小学2年生 小学3年生 小学4年生 小学5年生 小学6年生
教科
授業形態
学童保育
ホームページ
電話番号
まなびの窓口が「民間学童保育ベースg-kids(ジーキッズ)」に取材に行ってきました!

民間学童保育ベースg-kids(ジーキッズ)の取材レポート

 

 

※取材レポート作成途中です。完成しましたら改めてご案内いたします。

 

笑顔で過ごせる居場所~みんなの応援団~

 

代表支援員:ミッピー(高田ミナさん)

<経歴>

・愛媛県私立幼稚園 PTA 連合会(理事)

・愛媛県中予私立幼稚園 PTA 連盟(副会長)

・幼稚園父母の会(慶応幼稚園会長3年)

・スポーツクラブ・スイミングインストラクター(17年)

・学童保育支援員(民間)

・バルーンアート&読み聞かせアーティスト

(幼稚園、小学校、TSUTAYA、 高齢者施設、各種団体など)

 

 

g-kids代表支援員ミッピーへインタビュー

 

川内:「g-kids」名前の由来は何ですか?

ミッピー:「g」って、耳に似ていませんか?
いろんな人の話に耳を傾けて聞いていこうという想いから「g」とつけました。
また「g」 から始まる言葉「gift」には天からの贈り物(才能)という意味もあります。
人との出会いや交わりを大切にしながら、自分の才能に気づき磨いてほしい。それが由来です。

 

川内: g-kidsの理念を聞かせてください。

ミッピー:「笑顔で過ごせる居場所~みんなの大応援団~」です。
子ども達には一歩踏み出す勇気を持って、何でも思い切ってやってみて欲しいと思っています。
子ども達自らの挑戦や冒険を大切にすることで、自己肯定感を養いたいです。
g-kidsの子ども達は、遊びや学びを通して自主性や創造性、継続性を身に付けていきます。
また、仲間との生活を通してコミュニケーション力や思いやり忍耐力も培っていきます。

 

川内:「笑顔で過ごせる居場所」っていいですね。

ミッピー:第二の家庭のようなホッとする空間にしたいんです。
そのためにも一人一人に合わせて成長をサポートしていこうと思っています。
g-kidsは子ども達が卒所した後も、ご家族の皆さんにとっていつまでも「ミッピー」と言って戻って来れるような場所でい続けたいと思っています。

 

川内:「第二の家族」は子どもだけでなく保護者の方にとっても有難い存在だと思います。
g-kidsは、保護者の方の話にも、かなり親身になって耳を傾けてくださると伺いました。

ミッピー:そうですね。「ともに~共生~」を大切にしています。
保護者の方の悩みにも耳を傾け、協働しながら問題解決に尽力していこうと心掛けています。
それぞれのご家庭の背景や教育方針も十分に考慮し、ご要望に合わせたサポート法を考えています。
そして保護者の方が安心してお仕事ができるよう、ご家庭、学校との連携も大切にしています。

 

川内:「ご家庭の背景や教育方針に合わせる」とは例えばどういうことですか?

ミッピー: 例えば「g-kidsで必ず宿題を済ませてほしい」と保護者の方の要望があれば、私は子ども達に「宿題とは学校の先生との大切なお約束なんだよ。」と話し、どう取り組めばいいのか子どもと話し合うようにしています。
そして子ども達が進んで宿題(約束事)に取り組めるよう、保護者の方とも連携をとっています。

また、g-kidsではアレルギーのお子さんの相談も承っております。
一緒に食卓を囲む楽しさを子ども達に味わってほしいと思っています。

 

川内:アレルギーの対応は大変ではないですか?
ミッピー:大変と感じません。出会ってくれてありがとうと思っています。g-kidsには数名アレルギーっ子さんが在籍しています。
おやつの時間はアレルギーに配慮したお菓子をつくり(市販のものもたまに出ます)みんなで食卓を囲むのですが、その時、あるお子さんが「将来、自分みたいにアレルギーの人でも、何も気にせずみんなと同じものを食べられるようなレストランを開きたい。」と目を輝かせ嬉しそうに自分の夢を話してくれました。
アレルギーのある子どもにとって、同じ食卓で同じ物を食べることの感動は計り知れないようです。
今後もアレルギーの子達が引け目を感じず笑いながら食卓を囲めるようにしていきたいですし、アレルギーに限らず色々な立場の人がいること、支えたり支えられたりする事の大切さを仲間を通して自然に身に付けてもらいたいなと思います。

 

川内:素敵なエピソードですね。そういえば、「みっぴー」と言えば私の中で「楽しく明るいお姉さん」というイメージでした。
でも、この取材でイメージが変わりました。こんなに熱く教育を語られる姿を見られて、今日はかなり新鮮でした。

ミッピー:私がミッピーのときは、ミッピーのキャラで皆に笑顔をエネルギーを届けられるようにしています。
そしてg-kids代表支援員として、子どもの成長のために、また保護者のためにと考える時は、今日のような真剣キャラになります。

 

川内:今日のような真剣なミッピーも素敵です。こんなに熱く語り合えると思いませんでした。
もう私たち2時間も話し続けていますね。
ミッピー:そうですね。もう2時間ですね。でも私、保護者の方との面談も、これくらいかかります。
いや、もっとかな。ご家庭のことも知りたいしg-kidsのことも知って頂きたいし。
やはり共に育てていくためには、じっくり向き合う時間は大切だと思っています。

 

川内:今日は、ありがとうございました。まなびの窓口に掲載したいネタが満載すぎて、取材レポートで全てをお伝えできるか不安です。
でも、一番は、ミッピーの想いを皆さんに届けたいです。そのために私も工夫してみますね。
ミッピー:こちらこそ、ありがとうございます。まなびの窓口への掲載、楽しみにしています。

 

  • ミッピーの読み聞かせは<br>「子どもが主役」

    ミッピーの読み聞かせは
    「子どもが主役」

    ミッピーの読み聞かせはとても賑やか。子ども達も読み聞かせに参加していきます。「読み聞かせとは子どもが演じる表現の場」と語るミッピー。子ども達にも恥ずかしがらずに読み聞かせにチャレンジして欲しいと思っているそうです。そのためにも様々な仕掛けが♪子どもが自然とチャレンジしたくなるのはミッピーならではのキャラかもしれません。

  • アレルギー

    アレルギー


    同じ食卓を囲める楽しさ。アレルギーがあっても引け目を感じることなく友達と笑いながら食事を楽しめる時間。g-kidsではご家庭と連携しアレルギーのあるお子様にとっても笑顔で過ごせる場所であるよう、尽力されてらっしゃいます。

  • 制作<br>~ベイブレードを手作りできちゃう~

    制作
    ~ベイブレードを手作りできちゃう~

    市販のおもちゃの仕組みを手作りを通して学ぶことができます。「どうしたら回転するのかな?」「どんな角度がいいのかな?」子ども達が話し合いながらベイブレードを手作りしました。他にも様々な制作を通して、子どもたちの考える力を育んでいます。

  • ママパパ支援

    ママパパ支援


    g-kidsでは、ご家庭との連携を図るために保護者の方と交換日記をしているそうです。時には保護者の方の悩みを受け止め共に解決できるよう話し合うこともあるそうです。ご家庭が安定すれば子ども達も落ち着いて過ごすことができるようになります。仕事に疲れた保護者の方のためにミッピーからの愛を込めたラブレターを毎日届けているそうです。

まなびの窓口からの"おすすめポイント"

 

g-kidsでは楽しい活動がいっぱい!

 

・室内スポーツ
たっぷり遊べるお部屋では、思いっきり室内スポーツを楽しんでいました。
室内バトミントンに、室内キャッチボールと雨でも体を動かし笑い合える空間があるのは、育ち盛りの子どもにとって嬉しい場所です。

・外遊び
近所の公園へでかけてサッカーやバトミントン、かくれんぼなどミッピーと子ども達が汗をかき走り回っています。かなりの体力づくりになりそうです。

・テーブルゲーム
様々なテーブルゲームで盛り上がったり真剣な眼差しで将棋ににらめっこしたり。
ゲームを通して集中力や思考力も育成されそうです。

・バルーンアート
ミッピーと言えばバルーンアート。というより、もはや仮装の域です。

・パンケーキづくり
お料理には様々な学びがあります。みんなで作ったお菓子をみんなで食べる。
そんな経験を通して、子ども達は兄弟のように育っていきます。

・制作
段ボールから秘密基地をつくったり、手作りのベイブレードをつくったり、はたまた部屋全体をお化け屋敷にしたり。
子ども達の自由な発想で造形活動に取り組んでいます。

 

 

〇長期休暇

・お泊まり会

・運動会

・ウォーターガンバトル

・流しそうめん

・色々な体験講座

・ケーキ作り

・ボランティアなど

 

g-kidsでの1日の流れ

 

※後日、1日の流れが分かる写真を投稿します。しばらくお待ちください。

 

 

 

 

まなびの窓口が相談に乗ります!まなびの窓口が独自取材を行い掲載しています。

「学童保育g-kidsについて、もっと知りたい」にお応えします。

子どもに合っているかな?
体験はどうしたらいい?
慣れるまで不安

詳しくは、まなびの窓口にお問合せください。(ライン、メール相談無料)

「カウンセリング」については、こちらをご覧ください→クリック

 

 

こんな人にオススメ

  • 第二の家庭がほしい人。ミッピーなら間違いなし。
  • 保護者へのサポートも手厚い学童保育に通いたい人
  • アレルギーやお子さんの特性などに合わせたサポートができる学童保育をさがしている人
  • 自由な発想や挑戦、冒険を大切にしてくれる場所をさがしている人
お申し込み特典
特典

まなびの窓口へお問合せ頂いた後
「学童保育g-kids」へ入塾された方は
QUOカード1,000円プレゼント
(3か月以上の受講が条件)

特典を受ける条件をご確認ください。

無料体験授業
まなびの窓口にご相談ください。ライン無料相談もございます。

Q.どんな先生が指導してくれるの?
Q.自分に合っているの?
Q.詳しく知りたい!

体験授業&入塾への不安を解消いたします。

ピックアップ